NHK 番組出演 (穂高連峰の 365 日) 登山家 小西浩文 オフィシャルウェブサイト


ホーム > メディア出演 > NHK ドキュメンタリー番組出演 (穂高連峰の 365 日)

メディア出演

1999 年  NHK ドキュメンタリー番組出演 (穂高連峰の 365 日)

穂高連峰の四季 ~標高 3000m の世界~

1999年に、NHKが北アルプス穂高連峰の一年を取材し、夏と冬に出演しました。

標高 3000m を越える、美しさと険しさを兼ね備える穂高には、年間 12 万人の人が訪れる。 西穂高から奥穂高への縦走ルートは日本一難しい登山コースであると言われている。


穂高の夏

穂高の夏

7 月下旬から 8 月中旬、標高 3000m の穂高では、大気は平地の 2/3 にまで薄くなる。その稜線を小西さんは 20kg の荷物を背負って歩き、心肺機能を鍛えます。夜もまたライトをつけて歩くトレーニングをすることで、闇への恐怖心を取り除きます。

「死の危険を少しでも軽減するための自分にできる最高の努力をしなくてはならない。そのための心と体のトレーニングのために私は穂高に出かけます。」

「私にとって生きることと登山は同義語です。生きることが登ることだと思っています。」

<カモシカ山行>
  普通の人が 9 時間かかって歩くところを二時間で、カモシカのように駆け抜けることから、小西さんのこのトレーニングをカモシカ山行と呼びます。この間、水は一滴 も飲みません。


穂高の冬

穂高の冬

西穂高から奥穂高への稜線は全長 3 キロですが、ここに 2 日かかります。 小西さんはより困難なトレーニングを求めて冬の穂高を歩きます。 自分の技術と判断力だけで稜線を征服することに充実感があるのです。 常に死の危険が同居することが山登りの醍醐味だと思います。危険の持つ魅力とでもいうのでしょうか。  


メールアドレス
(必須)
 
登山家小西浩文オフィシャルウェブサイト
メッセージ
書籍
無酸素登頂
登山歴
地球温暖化
応援メッセージ
プロジェクトメンバー 支援者一覧
講演実績
メルマガバックナンバー
登山家 小西浩文の『目で見て分かる登山教室』楽しいトレッキング講座

ページトップへ


ホーム - プロフィール - メディア出演 - 哲学 - ニュース - コンタクト - メッセージ

書籍 - 無酸素登頂 - 登山歴 - 地球温暖化 - 応援メッセージ - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。

Copyright© 2017 登山家 小西浩文 オフィシャルウェブサイト All Rights Reserved.