エベレストに登りたいのですが・・・。


ホーム > プロが教える10倍楽しい登山方法! > エベレストに登りたいのですが・・・。

エベレストに登りたいのですが・・・。

先日、とても興味深いご質問を頂きました。

20代男性からのご質問で、エベレストに登りたい、という内容でした。

Everest

やはり、世界最高峰の山なので、
「いずれは・・・」と憧れる お気持ちも
大変良く分かります。

素晴らしい夢ですので、
ぜひ実現をして頂きたいと思いました。

ですが、聞けば初心者とのこと。

今は難しいので、
先々の目標とされたほうが良いと思います。

そこで今日は、エベレストに登るにはというお話です。

エベレストといえば、今年の5月に、
女性の世界最高齢登頂記録を更新したとして、渡辺玉枝さんが話題になりましたね。

73歳で登頂とは、本当に脱帽です。

「女性で、しかもご高齢でも可能なら、自分も・・・」

と思われるお気持ちもよく分かります。

ですが、逸る気持ちを抑えて、よくよく考えましょう。

渡辺さんはもともと、山梨県の富士河口湖町在住です。

場所を考えてもお分かりのように、登山は頻繁にされていたでしょう。

きちんとベースになる体力作りや、トレーニングをされているはずです。

そして、経験も知識も豊富だったことでしょう。

世界の山にも何度も登っていらっしゃいます。

こうしたことを踏まえての、エベレスト登頂です。

なので、いきなり初心者の方がエベレストに挑戦、というのは少し難しいです。

きちんとした準備が必要です。

では、どんな準備をすれば良いのかというと?

1.万全な体力作り

これはとても重要です。

エベレストでの事故で最も多いのは、高山病です。

高度8,000m以上に耐えうる準備が必要です。

そのためには、国内の3,000m以上の山々を、何度も経験し
高さに慣れておく必要があります。

しかも、雪山の経験が必要なので、高山を雪のシーズンに
登頂する訓練をしておきましょう。


2.費用面の準備

エベレスト登頂には700万~800万円くらいの費用がかかると言われています。

結構な額ですので、まずはこれも用意しなくてはなりません。

もしあなたが多額の資産をお持ちなら、良いかもしれませんが
普通の人は、頑張って貯める必要のある額でしょう。

がむしゃらに働いて貯めたい、というお話もよく聞きます。

ですが、働いていると登山の訓練をする時間が減ります。

やはり、長期間かけて登山をする、という訓練も必要です。

そうなってくると、仕事と登山の両立を頑張る必要も出てくるでしょう。


3.登山に必要な日程の確保

エベレストにチャレンジして戻ってくるまで、最低でも50日間は必要だと思います。

そうなると、おおよそ2ヶ月間は自由になる時間をとらなくてはなりません。

会社勤めの方は、なかなか難しいと思います。

なので、日程的な工面も必要になってきます。


このように、色々な準備が必要です。

ですから、若い方よりは、最近は中高年の方がお仕事が落ち着かれて、
夢を叶えたいとエベレストを目指されるケースも増えていると聞きました。

最初にお伝えしたように、「いつか登りたい」と
人生の目標にされることは、本当に素晴らしいことです。

逆に、あなたはどう感じますか?

登山を楽しい趣味にしたいと思っている方にとっては
「そんな命をかけてまで・・・」と思われるでしょう。

私も本当によく聞かれます。

「なぜ、そこまでして山に登りたいのですか?」と。

ですが、そんなに難しいことは考えていません。

例えばあなたの人生にも目標があるでしょう。

○歳までにマイホームを持ちたい、とか。

子供を一流大学に入れたい、とか。

妻と老後は世界一周旅行をしたい、とか。

同じように、この山に登りたい、という目標なのです。

それを達成してどうするのか、と問われても、
おそらくあなたも、その目標を成し遂げてどうしたいのか、と聞かれた時に

「うれしいから」という答えではないでしょうか。

なので、色々な目標を持つことは素晴らしいことだと思います。

そのひとつに、エベレストに登りたい、という
今回の彼のような目標があっても良いと思っています。

ただし、くれぐれも初心者でヒョッコリ行こうとだけはしないでくださいね。

そんなに、山は甘くありません。

またいずれ、「登って来ました!」という笑顔のご報告をいただけることを願っています。


メールアドレス: (必須)


メールアドレス
(必須)
 
登山家小西浩文オフィシャルウェブサイト
メッセージ
書籍
無酸素登頂
登山歴
地球温暖化
応援メッセージ
プロジェクトメンバー 支援者一覧
講演実績
メルマガバックナンバー
登山家 小西浩文の『目で見て分かる登山教室』楽しいトレッキング講座

ページトップへ


ホーム - プロフィール - メディア出演 - 哲学 - ニュース - コンタクト - メッセージ

書籍 - 無酸素登頂 - 登山歴 - 地球温暖化 - 応援メッセージ - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。

Copyright© 2017 登山家 小西浩文 オフィシャルウェブサイト All Rights Reserved.